ピアノを防音したい

ちょっとした工夫でピアノを防音しちゃいましょう!
~ご家庭の「アレ」や「コレ」を使います~

ピアノを思いっきり、鳴らしたいだけ大きな音で!という環境がなかなか望めない日本の住宅事情。アパート暮らしの我が家には、ピアノなんて無理よね、、、。
と思っている方に教えちゃいます、ピアノの防音方法!

このページでは、ご家庭にある物を使用してちょっとした工夫で 出来ちゃう方法をお教えいたします。

ちょっとその前に!

いろいろなインシュレーター

ほとんどご家庭にあったり、ホームセンターなどから手軽で安価に購入できたりする物を使用して防音する方法を、このページではご説明します。
が、防音処理を施す場合に、最低限必要な「ピアノ専用の商品」を、必ずご使用下さい。

それは「インシュレーター」です(右写真)。

インシュレーターは、ピアノを消音することにも使用しますが、安定して設置させる、という役割として、必需品です。地震時に滑ったり、最悪 倒れてきて下敷きになったり大事故につながらないよう、これからピアノを購入することを考えているお客さまも、いま現在所有していてインシュレーターがないっ!というお客さまも、ぜひとも購入しましょう。

ちなみに、西部ピアノが販売する新品ピアノ、再生ピアノ、中古ピアノは、全てプラスチックのインシュレーターをサービスとしてつけさせていただいています。

「音」とは「振動」のこと

それでは本編です。まず、「音」を原点から考えてみましょう。

誰でもご存知だと思いますが、「音」というのは「振動」のこと、です。要するに空気・空間を伝わっていくのが「音の正体」です。
そして音は、空気・空間以外にも壁や床からも「振動」として伝わっていきます。

ということで、ポイントは2点です。

ピアノの足の部分、キャスター下から、「振動」を遮断する
ご近所さんに音が伝わらないように、ピアノの置き場所、向きを工夫する
そんなことをご説明いたします。

ゴムやカーペットを使います

まず、一番簡単な防音は、ピアノのキャスターの下に音が伝わりにくいゴムをかますこと、次に簡単なのは、カーペット等の布を敷くことです。
ですので、厚手のカーペットを一枚、場合によっては2重、3重に敷いて、その上にピアノのキャスター部分にゴムを敷いて、その上にインシュレーターを載せ、ピアノを設置しましょう。

このようなゴム、最近だとホームセンターによっては切り売りしてくれたりしているようですので、お買い求め安いですね。

のれんや厚手のカーテン

ご自宅の構造によって、お部屋もいろんなバリエーションがあります。
ヨーロッパ等に多いレンガや石造りの家、日本もコンクリートむき出しの室内など、ピアノを弾いててキンキン鳴るような部屋に住んでる、というお客さまも多いかと思います。

そのようなお部屋なら、のれんや厚手のカーテンをかけると空気振動が収まります。のれんやカーテンが音を吸収してくれます。
窓から音が漏れると真向かいのお宅に、、、という場合は二重カーテン、三重カーテンと増やして、音を遮断するようにするとよいです。

アップライトピアノだと、ピアノの向き、置き場所を考えてみる

アップライトピアノで、消音という観点からピアノの向き、置き場所を考えてみると、一番の方法は、マンションやアパートの、ご自宅の中心に向かってピアノの背中を向けること、です。

それと、廊下があるようなマンションにお住まいのお客さまなら、廊下にピアノの背中を向けて配置します。

このように配置することによって、お部屋自体や廊下が、緩衝地帯のように機能して、隣合わせのご近所さんの壁に直接、音・振動を伝えるのを和らげる、という効果があります。

もしお住まいのお部屋が角部屋だったり、これから角部屋の物件に引っ越す、という方はラッキーです!ご自宅の中心や廊下に向ける方法に加えて、お隣りのお部屋に接しない方の壁に背を向けてピアノを配置することができます。

こんな究極の方法も、、、

一つ目は、3本ペダルのピアノだと、真ん中のペダル(マフラー・ペダル)を踏みっぱなしに固定して消音。この方法は究極とは言えませんねw。

ただし二つ目は、アップライトピアノと壁の間に、毛布を突っ込んで音を消す、という方法です。
ヴァイオリンで例えると、「f」の字で穴が開いている、一番上の板である響板が震えることで、大きな音が出ているのですが、ピアノにも同じように響板があります。ピアノは弾いたときにハンマーが弦を叩いて、その振動を響板が震えて大きな音になりますが、アップライトピアノは背中部分が響板が丸出しになっています。

この毛布を突っ込む方法は、この響板が震えないように止めちゃおう!という究極的な方法です。

ただし、この二つの方法は、ピアノ自体が良い音で演奏・練習できない、という大きな欠点があります。

もっと効率よく消音しましょう!

もっと効率よく消音したいっ!とお考えのお客さまは、消音ユニット 防音室のご購入を検討下さい。