こだわり

西部ピアノ~私たちのこだわり~私たち西部ピアノには「4つのこだわり」があります。~

新しいピアノを勧めるより、今お持ちのピアノを長く使ってほしい

ピアノはメンテナンスさえ怠らなければ、100年以上生き続けます。ヨーロッパでは物を大事にする習慣もあり、ピアノは子・孫と代々使うのが普通。また、40~50年前のピアノは今より高価で、かえって原材料にいいものを使っていたりもします。そういう眠っている楽器を生き返らせること、また同時に、今お使いのピアノをこれからも良い状態で、1日でも長く使っていただくのが西部ピアノの願いです。

ピアノの調律はもとよりピアノ・ドクターとして技術に自信があります

私たちの調律師は、単なるtunerチューナーではなく、technicianテクニシャンです。tuner=単に調律だけするのではなく、technician=ピアノのメンテナンスに関してすべてができなくては真のピアノドクターとはいえません。専門の学校を出るだけでなく、自社の厳しい教育のシステムで、高度な技術や知識を徹底的に学びます。ベテランも含め、月1度の講師を招いての研修も欠かしません。ですからピアノ・ドクターとして、どんな事例にも自信を持って対応できます。

ピアノ内部をのぞいてみてください。左右対称で同一、均一にアクションが連なっていますか?そのように内部まで美しくなければピアノではありません。そこまで私たちはこだわっています。そして、それは専門の方が弾くピアノも、小さな子供さんが弾くピアノも同じだと考えています。

どこよりも低料金

調律料は一般的に約15,000円。保守契約を結べば11,520円とどこと比べても低料金です。その理由は1件でも多く調律したいから。「技術を磨くため」に。調律料を安く抑えなくては、お客様からの依頼がなかなか来ません。依頼が来なければ、調律師がピアノに触る機会が減ります。どんなに優れた技術を持っていても、使わなければ技術は鈍って当然。結局技術を磨くためには、調律料を安く押さえ、件数を確保して初めて、技術も活き、向上するという理論のもとにすべてが動いています。それで、1人の調律師が月に80件、他社に比べ6倍以上という驚異的な数字になって表れます。そしてそれがまた調律師を育てます。

ピアノのことを知って欲しい

西部ピアノの調律師が、お客様のお宅で作業をする上で、まっ先にするのは、今のピアノの状態をご説明すること。ピアノの内部に詳しくないお客様に、すべてはご理解いただけないとしても、ご自分のピアノの内部にも関心をもっていただきたいという気持ちから。何度か繰り返すうちに、メンテナンスの大切さもおわかりいただけます。その参考になるように、また、調律師の仕事を身近に感じていただくために、年2回の「西部通信」でピアノに関するいろいろな情報をわかりやすくお客様に向けて発信しています。それに加え「月刊ピアノ」や「カンパネラ」というような音楽雑誌に「湿気対策」や「ピアノの置き場所」などすぐ役に立つ情報や知識を連載して、広報活動に力を入れています。

★原則、同じ調律師が、同じお宅に続けて伺わない理由

ピアノを開けてみれば、前任の調律師がどんな仕事をしたか、一目瞭然。いい加減な技術で調律されたピアノを開けた時の驚きは言いようもありません。長く調律されていないピアノは仕方ないとしても、「うちは毎年調律をやっています」と言われるお客様のピアノでさえ、驚かされることが多いのです。

お客様の手前はっきりと言いかねますし、同業者を非難したくはありませんが、いつも疑問符が頭の中に浮き上がります。「何故こんな修理を?」「何故こんな見落としを?」とあまりに初歩的なミスの多さ、技術不足????

調律師で大事なのは、肩書きでもなく、看板(会社)の大きさでもなく、その人自身が技術者としての向上心を持ち続けているかどうかだ!ということを、現実を見てつくづく思い知らされます。西部ピアノの調律師は、いつもそういう思いをしながら…、蓋を開けています。

同時に自分たちも次回は同じようにチェックされることを知っています。次の年に誰が開けてみるかわからないと思えば、がぜん緊張感が増します。だからいつもプライドをもって、自分の技量一杯の仕事をしてきます。それでこそ、スキルアップしていくのです。その上、西部ピアノでは、毎日終礼があり(夜9時を回ることもザラですが)かならず前任者の仕事の評価をします。

少しでも変だったら、「ここがおかしかった」「ここがだめ」と、容赦ありません。だから、なおさら気が抜けません。でも、それによって、新人は先輩の仕事を学び、先輩は気を緩めず、後輩に誇れる仕事をします。

それが西部ピアノが毎年同じ調律師を伺わせない理由です。