ピアノを習いたい

ピアノを習いたい方へ~西部ピアノが強力にバックアップします~

ピアノを習いたい皆様へ

ことによると、このページを見られた方は、
「ピアノを習うにはどうしたら?」とか、「ピアノの練習のカリキュラムとか知りたい」と思った方がいらっしゃるかもしれません。
でも、このページには書いてありません。

このページに書いてあるのは、実際にピアノを習う習い方ではなく、
「ピアノを習うとは、どういう事なのか」を、みなさんにお伝え出来ればと思います。

そのため、私たちの会社で、ピアノを習ってきた人にインタビューをし、その回答を紹介しながら、構成してゆきたいと思います。

ピアノを習い始めたきっかけは

ピアノを習い始めたのは、というより。最初はエレクトーンのグループレッスンに小さい時に入られた方が多いようです。
そのうち、小学生になって、ピアノの個人レッスンに切り替えるようです。

で、ピアノのレッスンを始めたきっかけは?「母親からの勧め。」が大半でした。

きっと、このページを見ている方も、それぞれのきっかけがあるはずです。些細なきっかけかもしれませんが、今一度振り返ってみませんか。

ピアノが上達するためには

当たり前ですが、ピアノを、まず好きになってください。そして、毎日触ってください。
正直に言って、ピアノが上達するには長い時間がかかります。ある程度弾けるまでは2年はかかると思います。
上達の早道はありません。長く続けることが一番大事です。

練習は思ったより辛いと思います。もし、嫌になったら少し休んでみましょう。気を張らずに息長く続けてもらえればと思います。

本格的にピアノを学ぶには

本格的にピアノを学ぶには、やはり、大学を目指すのが一般的です。
大学を目指すためには、入学したい大学の先生にレッスンを受けているようです。

ただし、大学に入ってからが勝負で、ピアノだけで食べてゆくのは大変厳しい道です。

ピアノは大人になってからは上達しないのか?

まったく、そんなことはありません。
ただし、時間がかかります。根気が必要です。
子供の時と違って、運動神経も違いますし、記憶力も違います。

大人には人それぞれの人生経験があります。
ピアノを弾く際は、音楽性というものが求められます。
ピアノで表現したい感情や思いは、人生経験が生み出すものではないかと考えています。

ピアノを習いたいと思った時がその時です。
ぜひ、お近くの音楽教室でピアノを習い始めてはいかがでしょうか?

ピアノを習っていると

ピアノを習い始めて、2年とか3年とか経ったとき、ふと気づくことがあるはずです。

例えば、
ふと耳にした曲を、そのまま覚えておき、ピアノで楽譜に起こせることが出来たり
ふと、幼い時に習った曲(例えば、幼稚園の園歌とか)が、急に思い出されたり、
実際に弾くことが出来たり。

そこまででなくても、例えば、街中で流れているピアノの曲が自然と耳に入るようになります。

きっと、普段の生活で、音楽に触れ合う生活が増えるようになると思います。

ピアノを弾くということ

ピアノを弾くのは、ある種のスポーツと言っていいでしょう。
ジョギングや水泳の好きな人は機会を見つけて行います。そして、落ち着いた、リラックス出来るひとときを過ごすでしょう。

同じことが、ピアノについても言えます。
ピアノを弾いていると、気分が落ち着き、リラックスできます。

ちょっとした空き時間にピアノを弾いて楽しむ、そんな生活はいかがでしょう?

最後に、ぜひピアノを習うならば西部ピアノで

最後に、私たちの紹介をさせてください。
私たちはピアノの調律の会社ですが、ピアノ教室も大々的に行っています。

特徴としては、最初から個人レッスンでピアノを触っていただくこと。
決まったカリキュラムがないこと
ピアノの整備はきちっとされていること
が、上げられます。

決まったカリキュラムがないことを、私たちは利点と思っております。
個人のペースに合わせて、末永く続けてもらうのを目標としているからです。

そして、ピアノという楽器を愛して頂ければと思います。

もし、このページを読んでいただいて、ピアノを習うと決めたら、
ぜひ、私たちの会社の教室に足を運んで頂ければと思います。

info_lesson