平成21年6月30日、大阪にて

消音ユニット取付け

今日は保守会員様のお宅に消音ユニット取付けにお伺いしました。

約6時間ほどかかる作業ですので、全体の流れや効率的な作業の仕方、また作業一つ一つのペース配分がとても重要です。そして何より、長時間の在宅作業になりますので、お客様への配慮も欠かせません。消音ユニット取付けのように、在宅時間が長時間に渡る作業となると、お客様も色々気を遣われて大変だと思いますので、より正確に、早く完了出来るよう日々、技術を磨いております。

一台一台微妙に形が異なるので、消音ユニット取付けの際には多少加工が必要な場合があるのですが、こちらのお宅のピアノも棚板と消音バーに加工をしました。ピアノの加工と言うと想像がしにくいかもしれませんが、切ったり削ったりと、ほとんど大工さんのような作業です。その点は少々苦労しました。今後の課題です。

取り付け終了後、お客様に消音ユニットの操作の仕方をご説明し、ご確認していただきました。
マンションにお住まいのお客様なので、日ごろから音に大変気を遣っておられたようで、消音ユニットで心置きなくピアノを弾けることに大変喜んでいらっしゃいました。苦労しましたが、お客様の笑顔がとても嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL