ゲスト:アンシュウリ(晏愁李)【昭和30年をクローズアップ】

ゲスト:アンシュウリ(晏愁李)【昭和30年をクローズアップ】

~2015年06月25日 放送分~

新番組『昭和バンザイ』は、完全に昭和生まれ、昭和育ちの坂井会長と、昭和に生まれながら平成育ちの 森山彩也 さんが、昭和の魅力をいろいろな角度から見なおしていこうという番組です。

平成27年06月25日(木)放送分 / アンシュウリ(晏愁李) さんをお迎えしてお話しました

smallアンシュウリ-1

今回の放送では、1955年、昭和30年をクローズアップ。
坂井会長が7歳、小学1年生だった年です。

そんな昭和30年は、マンボブームや、街頭TVでプロレスの空手チョップが流行し、子供達の中でプロレスごっこが流行した年でもありました。

  • 坂井会長:「力道山が大人気で、プロレスごっこをやっていると、勢い余って空手チョップをやってしまって、近所の子を泣かして親に叱られたよ。」

今週は歌手の、アンシュウリ(晏愁李) さんをゲストにお迎えしてトークしました。

1955年、昭和30年のヒット曲一覧を見ていただくと、印象に残っている曲は、『南国土佐を後にして』『別れの一本杉』でした。

  • 森山彩也 さん:「韓国ご出身で、日本でデビューされるきっかけは?」
  • アンシュウリ(晏愁李) さん:「韓国の慰問公演の一員で日本に来たのですが、ホテルでTVを付けたときにチョーヨンピルさんや桂銀淑さんとかが出ていて、私もやってみようかなと自分で勝手に決めて、一から始めました。」
  • 坂井会長:「日本語が壁だよね」
  • アンシュウリ(晏愁李) さん:「TVつけてもわからなくって、自分の知っている韓国の先輩が日本で歌っていると、やきもちみたいな気持ちで、『あなたたちがやってるなら私もできる』と勝手に思っちゃった。でも、韓国と日本の発声が違うんです。韓国の発声で歌うときつくなる。日本に来てボイストレーニングを16年くらい通っていて、発音を直されました。」
  • 森山彩也 さん:「そんなに発声の仕方が違うんですか?」
  • アンシュウリ(晏愁李) さん:「韓国の発生で日本の歌を歌うときつくて。舌の使い方が違うんです。韓国語は英語のように舌をいっぱい使う。日本語はフランス語みたいにあまり使わない。舌を歯の裏につけて話すときれいな日本語になるんですね。」
  • 森山彩也 さん:「単独ライブされたんですよね」
  • アンシュウリ(晏愁李) さん:「昔は事務所の先輩と赤坂プリンスホテルでディナーショーをやっていたんですが、赤坂プリンスホテルがなくなってからは、何もしなかった。一人でやる勇気がなかった。自信がなくって…。4年間何もしなかった。マネージャーがやってみるのもいいと思うよと何回も言ってくれました。最悪自分が助けるからと言ってくれて、やろうと思って、新宿で一人でライブをしました。ファンに『一人でやることになりました、来てください』と言ったら、すごく来てくれて。うれしくって。終わるころにはまたやりたいという気持ちになって、その後、品川のホテルでやりました。みんな来てくれてうれしくてうれしくて、またやることになりました。手作りライブなんですが、自分でプログラムとか考えて、案内状も自分で書いて送るんですが、お客様にはへたくそな字で迷惑かもしれないけど、すっごく皆さんが喜んでくださったので、やりたいと思います。」

アンシュウリ(晏愁李) さんの今後のスケジュール、イベントなどはぜひアンシュウリ(晏愁李) さんのプロフィール でチェックしてみてください。

番組では最後に『天命』(いのち)をお届けしました。

来週も アンシュウリ(晏愁李) さんにお越しいただきます。お楽しみに!!

アンシュウリ(晏愁李) プロフィール プロフィール

(詳しくはアンシュウリ(晏愁李) プロフィールを御覧ください)

links:

森山彩也(もりやま あや)さんがアシスタントです

森山彩也(もりやま あや)さんがアシスタントです

アシスタントは森山彩也(もりやま あや)さんです。

森山彩也さんがリポーター/ナレーションを務めたインターネット放送局天草テレビの番組、
『激戦地天草・本渡北地区に新規開業「ピッツァハウス ボーノボーノ」本格イタリアンの味を提供』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL